プレオープンについて

いきなりオープンするのではなく、糠の調子や接客の流れも見ながらプレオープンから入るのがいいでしょう。

私自身は自分の地域でお店を開かせて頂くということで、感謝の気持ちを込めて、近所の地域の方々にプレオープンのチラシを配り、「プレオープン期間は無料で入ることができます。〇月〇日~〇日です。お気軽にご予約ください。」と案内をポスティングで配り、ご予約のお電話をいただき、入って頂きました。

ただその地域にチラシを1軒でも配り忘れてしまうと、その家から後からいろいろ言われかねないので、このようなやり方をする場合は全軒に配るよう注意しましょう。

オープンまでの様子をSNSで投稿しながら、SNSでプレオープンの予約を集めるというのも手ですが、プレオープンの金額を安く、もしくは無料で設定する場合は、全員プレオープン期間に入りたいのは間違いないです。

ですので、オープンの際お世話になってきた方やこれからお世話になる方などにクローズドでご案内するのもいいかもしれません。

プレオープン期間にお客様にご案内をしながら、オープンまでに足りないものはないか、プレオープン期間を通してよくよく最終確認をして足りないものがあれば買い足したりしておきましょう。

オンライン予約

お電話0574-43-1687 でもご予約受け付けております。

follow